• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

洽覧深識の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

見聞がきわめて広く博識なさま。▽「洽覧」はあまねく見ること。書物をあまねく読むこと。「深識」は知識が深いこと。いずれも見聞や知識が広く深いことをいう。
出典
『晋書しんじょ』束晢伝そくせきでん
句例
洽覧深識な学者
類語
博学洽聞はくがくこうぶん 博聞多識はくぶんたしき 博覧強識はくらんきょうしき
活用形
〈―ナ〉

洽覧深識の解説 - 学研 四字辞典熟語

広い範囲で見聞し、博識であること。
注記
「洽」は、あまねし。「洽覧」は、広い範囲で見ること。また、広い範囲で書物を読むこと。「深識」は、知識が深いこと。
出典
『晋書しんじょ』束晳そくせき

[人物像を表す/学識がある]カテゴリの四字熟語

キーワード[賢愚]の四字熟語

キーワード[知識]の四字熟語