• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

知行合一の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

知識と行為は一体であるということ。本当の知は実践を伴わなければならないということ。▽王陽明が唱えた陽明学の学説。朱熹しゅきの先知後行説に対したもの。
出典
『伝習録でんしゅうろく』上
句例
知行合一説、知行合一の姿勢、知行合一を実践する
用例
行わないのだから、知らないのも同じだ。何事でもすべて知行合一でなければいけない。<勝海舟・氷川清話>
類語
知行一致ちこういっち

知行合一の解説 - 学研 四字熟語辞典

知識と行為は一体だということ。真の知識は実践によって裏づけられていなければならないということ。
注記
中国明の時代、儒学者王陽明おうようめいが、朱子学の大成者朱熹しゅきの先知後行説(広く知をきわめてからでなければ実践できないとする説)に対して唱えた陽明学の中心思想。「知行合一説」の略。「知行」を「ちぎょう」と読み誤らない。