• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ウコギ科の落葉高木。山地に自生。樹皮は灰色。葉は手のひら状の複葉で、小葉は縁にぎざぎざがある。夏、淡黄緑色の小花が集まってつき、秋に黒紫色の実を結ぶ。材は経木・箸 (はし) などにする。名は、樹脂をこして金漆 (ごんぜつ・きんしつ) とよぶ塗料を作ったのにちなむ。