九州北西部の海域。西は対馬海峡、東は響 (ひびき) 灘に連なる。冬季は風波が荒い。
(玄界灘)金達寿の長編小説。昭和27年(1952)から昭和28年(1953)にかけて「新日本文学」誌に連載。日本の植民統治下における朝鮮の人々の苦悩を描く。昭和29年(1954)刊行。

[文学/戦後の作品]カテゴリの言葉

[地理/日本地名/九州]カテゴリの言葉

出典:青空文庫