• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 出産後3日・5日・7日・9日目の夜に、親類が産婦や赤子の衣服、飲食物などを贈って祝宴を開くこと。また、その贈り物。平安時代、貴族の家で盛んに行われた。現在の「お七夜の祝い」はこの名残。

    1. 「七日の夜、内裏 (うち) よりも御―の事あり」〈・若菜上〉

  1. 養い育てること。

    1. 「王限りなく歓びて―等閑 (なほざり) ならず」〈読・弓張月・続〉

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉