• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

白璧微瑕の解説 - 学研 四字辞典熟語

白い珠たまのわずかなきずの意から、立派な人物や物にあるわずかな欠点。
注記
「白璧」は、白色の美しい宝玉。「微瑕」は、わずかなきず。
表記
「白璧」を「白壁」、「微」を「徴」と書きちがえない。
出典
蕭統しょうとう「陶淵明集序とうえんめいしゅうじょ

キーワード[欠点]の四字熟語