1. ㋐スミレ属の多年草。山野の日当たりのよい地に生え、高さ約10センチ。地上茎はない。葉は長い三角形。春、花柄を出し、濃紫色の花を横向きに開く。名は、花の形が墨入れ(墨壺 (すみつぼ) )に似ているところからという。すもうとりぐさ。 春》「―程な小さき人に生れたし/漱石

    2. ㋑スミレ科スミレ属の植物の総称。世界に約400種、日本には55種が知られる。地上茎のあるタチツボスミレ・ニョイスミレ、地上茎のないエイザンスミレなど。

  1. すみれ色」の略。

  1. 襲 (かさね) の色目の名。表は紫、裏は薄紫。

[補説]作品名別項。→すみれ