信太妻 (しのだづま) 伝説中の白狐 (しろぎつね) 。女に姿を変えて安倍保名 (あべのやすな) の妻となり、安倍童子、のちの晴明を産むが、正体が現れて信太の森に姿を隠す。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の作品]カテゴリの言葉

出典:青空文庫