• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

谷崎潤一郎の小説。昭和3~4年(1928~1929)発表。離婚の機会を待っている名目だけの夫婦、要と美佐子の心理的経緯を描く。古典的、純日本的なものへ回帰する作者の転機を示した作品。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉