• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ブナ科の常緑高木。本州中部以南の山地に自生。葉は長楕円形で、先半分の縁に鋭いぎざぎざがあり、裏面は蝋 (ろう) で覆われ白い。5月ごろ、新しい枝の付け根に黄色の雄花が垂れてつき、雌花は葉の付け根につく。翌年10月ごろ、どんぐりができる。材の用途は多い。

[生物/植物名]カテゴリの言葉