• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「とくし」「とくじ」「どくじ」とも》

  1. 古代諸国国分寺に講師とともに一人置かれた僧官。講師より1階級低い。

  1. 維摩会 (ゆいまえ) 最勝会などのとき、講師と相対して仏前の高座に上り、経題経文を読み上げる役目の僧。

  1. 歌会などで、懐紙や短冊 (たんざく) などを整理して講師に渡し、また講師に誤読のあった場合などには読み改める役。とうし。

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。