• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

魚網鴻離の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

求めるものが得られず、求めていないものが得られるたとえ。求めていたものとは違う意外なものが手に入るたとえ。魚を捕らえようと網を張ってあったのに鴻おおとりがかかる意から。▽「鴻」はおおとり。また、大きな雁がん。「離」は網にかかること。
出典
『詩経しきょう』邶風はいふう新台しんだい

魚網鴻離の解説 - 学研 四字熟語辞典

求めていたものと違うものが得られることのたとえ。
注記
「鴻」は、オオハクチョウ。「離」は、網にかかること。魚を捕らえようとして網を張ったのに、魚はかからず、かかったのはオオハクチョウだったという意から。出典の「魚網ぎょもうを之れ設もうけて、鴻こうすなわち之れ離かかる」による。
表記
「魚網」を「魚綱」と書きちがえない。
出典
『詩経しきょう』邶風はいふう・新台しんだい
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年6月