部首
(みず・さんずい・したみず)
画数
8(部首内画数:5)
種別
常用漢字教育漢字
漢検の級
7級
音読み
ホウハッ[高]ホッ[高]
訓読み
[外]のりのっとフラン

意味

①のり。(ア)きまり。おきて。「法律」「憲法」(イ)手本。基準。「法帖(ホウジョウ)」(ウ)しきたり。礼儀。「法式」「作法」 ②てだて。やりかた。「方法」「兵法」 ③仏の教え。仏の道。「法会」「仏法」 ④フラン。スイスなどの貨幣単位。

法の解説 - 小学館 大辞泉

[音]ホウ(ハフ)(漢) ホウ(ホフ)(呉) ハッ(慣) ホッ(慣) [訓]のり のっとる フラン

学習漢字]4年

〈ホウ〉(歴史的仮名遣いはハフ)
  1. おきて。定め。秩序を維持するための規範。「法案法学法規法人法制法則法治法廷法典法律法令悪法違法刑法憲法合法国法司法適法不法民法無法理法自然法

  1. ある決まったやり方。一定の手順。「法式加法技法剣法作法 (さほう・さくほう) 算法手法寸法製法戦法筆法文法兵法便法方法魔法療法礼法論法

  1. 「法学」「法科」の略。「法博法文

〈ホウ〉(歴史的仮名遣いはホフ)
  1. 仏教で、真理。仏の教え。「法会 (ほうえ) 法灯法話護法正法 (しょうぼう) 説法伝法仏法妙法

  1. 仏教で、存在・現象。「諸法滅法一切法

  1. 死者を弔うこと。「法事法要

  1. 仏教で、加持祈祷などの儀式。「修法 (しゅほう) 呪法 (じゅほう) 

〈ハッ〉おきて。「法度 (はっと) 
〈ホッ〉一切の存在。真理。「法界法華法身法体
[補説]「ハッ」「ホッ」は入声 (にっしょう) 音ハフ・ホフの変化したもの。

[名のり]かず・つね・はかる

[難読]法螺 (ほら)