• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

李漁の解説 - 小学館 大辞泉

[1611~1680ころ]中国、明末・清初の劇作家・小説家。蘭渓(浙江 (せっこう) 省)の人。字 (あざな) は笠翁 (りゅうおう) 。戯曲「笠翁十種曲」、小説「無声戯」「十二楼」、随筆「閑情偶記」の演劇・戯曲論などがあり、日本の江戸時代の戯作者にも影響を与えた。

[文学/外国の作家・文学者]カテゴリの言葉

[演劇・映画/演劇人・映画人]カテゴリの言葉