• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

柳亭種彦の解説 - 小学館 大辞泉

[1783~1842]江戸後期の戯作者。江戸の人。本名、高屋知久 (たかやともひさ) 。通称、彦四郎。食禄二百俵の旗本。初め読本 (よみほん) を発表。のち合巻 (ごうかん) に転じ、「偐紫 (にせむらさき) 田舎源氏」で好評を博したが、天保の改革によって絶版処分を受ける。他に草双紙「邯鄲 (かんたん) 諸国物語」、洒落本「山嵐」、考証随筆「還魂紙料 (すきかえし) 」「用捨箱」など。