• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

藤原信実の解説 - 小学館 大辞泉

[1176~1265ころ]鎌倉前・中期の宮廷画家・歌人。隆信の子。法名、寂西。似絵 (にせえ) の技法を発展させ、「後鳥羽上皇像」「随身庭騎絵巻 (ずいしんていきえまき) 」「三十六歌仙絵巻」などの作者と伝えられる。また「今物語」の著者とされる。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉