• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

蠣崎波響の解説 - 小学館 大辞泉

[1764~1826]江戸後期の画家。名は広年。松前藩主松前資広の五男。家老蠣崎家の養子となる。円山応挙に師事。「夷酋列像」は肖像画の傑作とされる。