• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

西山宗因の解説 - 小学館 大辞泉

[1605~1682]江戸前期の連歌師・俳人。談林派の祖。肥後の人。名は豊一 (とよかず) 。別号、西翁・梅翁など。里村昌琢に連歌を学び、主家加藤侯没落後、大坂天満宮の連歌所宗匠となった。俳諧では自由軽妙な談林俳諧を興し、門下に井原西鶴などを輩出。編著「宗因連歌千句」など。