出典:デジタル大辞泉(小学館)

古歌に詠まれた6か所の玉川の総称。→玉川
題材をにとり、また歌詞に織り込んだ邦楽曲の題名または通称。

箏曲 (そうきょく) 組歌。江戸中期、三橋検校作曲。

富本節。本名題「草枕露の玉歌和 (たまがわ) 」。弘化3年(1846)ごろ、3世鳥羽屋里長作曲。

清元節。㋑を清元に移したもので、後半を4世清元延寿太夫が改編。

箏曲山田流。明治初年、㋑を初世中能島松声が箏曲に移入。玉川。

長唄。本名題「六玉川琴柱 (ことじ) の鴈 (かりがね) 」。4世杵屋六三郎作曲。文政12年(1829)江戸河原崎座初演。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[美術・音楽/音楽作品]カテゴリの言葉