• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

浄瑠璃の流派の一。寛延元年(1748)に、江戸で富本豊志太夫(のちに豊前掾 (ぶぜんのじょう) )が常磐津節 (ときわずぶし) から分かれて創始。常磐津節と清元節の中間的節回しで、安永・天明(1772~1789)ごろ全盛を誇ったが、その後衰退。現在は古曲の一つとされている。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉