出典:デジタル大辞泉(小学館)

拓本をとる技法の一。対象物に紙を当て、水で湿らせて密着させたのちに墨を含んだたんぽでたたくことで凸部を写し取る。→乾拓

[補説]古来、拓本といえば湿拓のことで、乾拓は明治期の日本で生まれた技法。