出典:デジタル大辞泉(小学館)

奈良県の唐招提寺が所蔵する鑑真和上の坐像。天平時代の作。脱活乾漆彩色による日本最古の肖像彫刻で、鑑真の弟子の忍基 (にんき) が制作したものと伝わる。国宝。乾漆鑑真和上坐像。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作品]カテゴリの言葉