出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. の「翁 (おきな) 」で、千歳 (せんざい) ・翁に次いで3番目に出る老人の舞。直面 (ひためん) の揉 (もみ) の段と黒い尉面 (じょうめん) をつける鈴の段とからなり、狂言方がつとめる。また、その役および面。→式三番 (しきさんば) 

  1. 歌舞伎人形浄瑠璃1が移入されたもの。開幕前に祝儀として舞われたほか、一幕物の歌舞伎舞踊としても発達。

  1. 地方に1または2が伝播 (でんぱ) し、各地の民俗芸能に取り入れられたもの。多くは最初に演じられる。

出典:青空文庫