• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

太陽の光できらきら輝く細氷 (さいひょう) 。寒冷地で、晴天の日、気温零下15度以下、無風湿度の高いとき、空気中の水蒸気が細氷となって浮遊する現象。日を受けて金色や虹色に輝く。

南木佳士の短編小説。高原に建つ病院舞台にした作品昭和63年(1988)発表同年、第100回芥川賞受賞

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年5月