• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

不言不語の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

口に出して何も言わないこと。▽言う、語る意の言語の「言」「語」のそれぞれに打消しの意の「不」を添えた語。一般に「言わず語らず」の形で用いられることが多い。
句例
不言不語を貫く
類語
以心伝心いしんでんしん

不言不語の解説 - 学研 四字熟語辞典

①なにもことばを発しないこと。沈黙すること。②なにも言わないで気持ちを伝えること。
注記
「言」も「語」も、言う・話す。「言わず語かたらず」と読み下す。
出典
『醒世恒言せいせいこうげん』二八
用例
この道理は小謡の一節、囃子の一クサリ、舞の一と手を習っても、直に不言不語の裡にうなずかれる。昨日きのうの喰わず嫌いが、きょうは能狂になるくらい端的である。〈夢野久作・能とは何か〉
類語
以心伝心。いしんでんしん。

不言不語の解説 - 小学館 大辞泉

何も言わず、黙っていること。言わず語らず。

キーワード[気持ちが通じ合う]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。