• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

修己治人の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

自分を修養して徳を積み、世を治めていくこと。自分の修養に励んで徳を積み、その徳で人々を感化して、世を正しく治めることをいい、儒教の根本思想。▽「己おのれを修おさめて人ひとを治おさむ」と訓読する。
出典
朱熹しゅき「大学章句序だいがくしょうくじょ
やりがちな表現を変えたい!言い換え、類語がアプリでわかる idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。