[動ア下一][文]さ・ゆ[ヤ下二]
  1. 寒さが厳しくなる。しんしんと冷え込む。「—・えた冬の夜」 冬》「—・ゆる夜の瓦 (かはら) 音ある礫 (こいし) かな/碧梧桐

  1. くっきりと澄む。はっきりと見える。「冬の夜空に星が—・える」

  1. 楽器の音などが、濁りがなく鮮明である。「—・えたバイオリンの音色」

  1. 色が鮮やかである。顔色や表情についてもいう。「—・えたピンク」「顔色が—・えない」

  1. 頭の働きやからだの調子などがはっきりする。「今日は頭が—・えている」「目が—・えて眠れない」「気分が—・えない」

  1. 腕まえや手際などが鮮やかで優れている。「腕の—・えた職人」「包丁さばきが—・える」

  1. (多く打消しの語を伴って)ぱっとしない。満足できない。「景気の先行きがいまひとつ—・えない」「—・えないかっこう」

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。