• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

包蔵禍心の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

悪事のたくらみをひそかにもつこと。▽「包蔵」は包みもつ、心の中に抱くこと。「禍心」は災いを起こそうという心。悪事のたくらみ。「包」は「苞」とも書く。一般に「禍心かしんを包蔵ほうぞうす」と訓読する。
出典
『春秋左氏伝しゅんじゅうさしでん』昭公しょうこう元年