1. 陰暦13日の夜。

  1. 陰暦9月13日の夜。8月15日夜の十五夜に次いで月が美しいとされ、「後 (のち) の月」という。十五夜の月を芋 (いも) 名月というのに対し、豆名月栗名月ともいう。 秋》「泊る気でひとり来ませり―/蕪村

[補説]書名別項。→十三夜

樋口一葉の小説。明治28年(1895)発表。不幸な結婚をしたお関を通し、封建的な社会の矛盾を女性の立場から描く。