• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鎌倉前期の歌合わせ。20巻。建仁2年(1202)ごろ成立。後鳥羽院が当時の代表的歌人30人に、各100首ずつを詠進させたもの。判者は後鳥羽院・藤原俊成ら10人。各首に判者の評があり、新古今時代の歌風・歌論を知る貴重な資料。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉