• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大地に宿るという精霊。「―信仰」

[補説]作品名別項。→地霊
《原題、(ドイツ)Der Erdgeistウェデキントによる戯曲。1895年発表。1898年初演。「パンドラの箱」とあわせてルル2部作と呼ばれ、ベルクの最晩年のオペラ作品「ルル」の原作として知られる。
中村武羅夫の長編小説。女性雑誌「婦女界」に、昭和2年(1927)から昭和4年(1929)にかけて連載。昭和5年(1930)刊行の「長篇三人全集」第1巻に収録。好色な伯爵と無理やり結婚させられた女性が自立していく姿を描く。