• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

売剣買牛の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

戦争をやめ、農業に力を尽くして盛んにすること。また、武器を捨てて、農業に従事すること。剣を売って牛を買う意から。▽「剣けんを売り牛うしを買う」と訓読する。「買牛売剣ばいぎゅうばいけん」ともいう。
出典
『漢書かんじょ』循吏伝じゅんりでん
類語
売刀買犢ばいとうばいとく
故事
中国前漢ぜんかん時代、勃海ぼっかいの長官龔遂きょうすいは盗賊を平定し、人民に倹約と農業を奨励した。また、ぜいたくになれ、非生産手段で富を得ている者が多いのを見て、刀剣をもっている者に、それを売って牛を買うことを奨励した。その結果、生産が増加して税収も増え、役人も人民も皆豊かになった故事から。
「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。