• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

壺中之天の解説 - 学研 四字熟語辞典

別世界、別天地のこと。また、酒を飲んで俗世間を忘れることのたとえ。
注記
「壺中」は、壺の中。「壺中天地」ともいう。
故事
中国後漢の時代、汝南じょなん(河南省の地名)に費長房ひちょうぼうという者がいた。市場の役人をしていたとき、薬を売る老人が商売を終えると、店先につるしていた壺の中に飛び込むのを見た。費長房は老人に仙人の術を教えてくれるように頼み壺の中に入れてもらったところ、中には立派な建物があり、美酒とおいしい料理がずらりと並んでいた。費長房は老人と一緒にそれを飲み食いして、壺から出てきたという。
出典
『後漢書ごかんじょ』方術ほうじゅつ・費長房
類語
羽化登仙うかとうせん

[酒]の四字熟語

[別天地]の四字熟語

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。