• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

壺中之天の解説 - 学研 四字熟語辞典

別世界、別天地のこと。また、酒を飲んで俗世間を忘れることのたとえ。
注記
「壺中」は、壺の中。「壺中天地」ともいう。
故事
中国後漢の時代、汝南じょなん(河南省の地名)に費長房ひちょうぼうという者がいた。市場の役人をしていたとき、薬を売る老人が商売を終えると、店先につるしていた壺の中に飛び込むのを見た。費長房は老人に仙人の術を教えてくれるように頼み壺の中に入れてもらったところ、中には立派な建物があり、美酒とおいしい料理がずらりと並んでいた。費長房は老人と一緒にそれを飲み食いして、壺から出てきたという。
出典
『後漢書ごかんじょ』方術ほうじゅつ・費長房
類語
羽化登仙うかとうせん

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。