• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

好事多魔の解説 - 学研 四字熟語辞典

よいことには往々にしてじゃまが入りやすいことのたとえ。
注記
戒めの意で用いることば。「魔」は、困難や妨害、じゃまの意。「好事こうじおおし」と読み下す。
表記
「魔」は、「磨」とも書く。
出典
『西廂記せいしょうき』一
用例
彼女の正体も暴露されず、私の病院も依然としてマスコットを失わずにすんだ訳であったが、好事こうず多し、とでも言おうか。〈夢野久作・少女地獄〉
類語
寸善尺魔すんぜんしゃくま

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。