[名](スル)
  1. 自分よりすぐれている人をうらやみねたむこと。「他人の出世を—する」

  1. 自分の愛する者の愛情が、他の人に向けられるのを恨み憎むこと。やきもち。悋気 (りんき) 。「夫の浮気相手に—する」

[補説]作品名別項。→嫉妬
[補説] 
2017年に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2017」キャンペーンでの「嫉妬」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆人間を動かす大きな原動力。この世は妬み嫉みで出来ている。
harukoさん

相手を愛する反動
りんままさん

◆独占欲を満たせないときに瞬時に生まれる、消しがたい感情
ぐらんぱさん

◆SNSでの「いいね!」の裏の感情
さん

幼稚で愚か、しかし切り捨てられない想い。
高野さん
原題(フランス)La Jalousie》フランスの作家ロブ=グリエ小説。1957年刊
原題(チェコ)Žárlivostヤナーチェクの管弦楽曲。1894年作曲。元はオペラ「イェヌーファ」の序曲として作曲された。

出典:gooニュース

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。