• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

安積山の麓にあったといわれる沼。[歌枕]

「野辺はいまだ―にかる草のかつみるままに茂る頃かな」〈新古今・夏〉