• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

仮名草子。13巻。浅井了意著。寛文6年(1666)刊。中国の「剪灯新話 (せんとうしんわ) 」中の「牡丹灯記」の翻案「牡丹灯籠 (ぼたんどうろう) 」など、怪異談68話をのせている。近世怪異小説の祖といわれる。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉