• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

採長補短の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

人のよいところを取り入れて、自分の短所や足りないところを補うこと。また、物事のすぐれたところや余ったところから取り入れて、不備なところや足りないところを補うこと。▽「長」は長所。また、余ったところ、はみ出したところ。「短」は短所。また、足りないところ。「長ちょうを採り短たんを補おぎなう」と訓読する。
用例
仏教と道教が、儒者たちによって学ばれ、それらの採長補短という形で宋学そうがくは形成されていった。<唐木順三・日本人の心の歴史>
類語
舎短取長しゃたんしゅちょう 取長補短しゅちょうほたん 助長補短じょちょうほたん 続短断長ぞくたんだんちょう

採長補短の解説 - 学研 四字辞典熟語

人の長所を見習って、自分の短所を補うこと。他人のよいところは、自分もそうであるように努め、向上しようとすること。
注記
「長ちょうを採り、短たんを補う」と読み下す。

採長補短の解説 - 小学館 大辞泉

人の長所をとり入れて、自分の短所を補うこと。

キーワード[長所/短所]の四字熟語