• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

尺短寸長の解説 - 学研 四字辞典熟語

人や物は、それぞれ長所と短所があって、時と場合で評価も変わるということ。また、何においても完璧かんぺきなものなどないということ。一尺の長さは、短いと感じる時もあり、長いと感じる時もあるという意味から。
注記
「尺短」は、「しゃくたん」とも読む。
出典
『楚辞そじ』卜居ぼくきょ

キーワード[長所/短所]の四字熟語

キーワード[評判・評価]の四字熟語