• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

人口膾炙の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

だれの口にものぼり、広く世間に知られて、もてはやされること。▽「人口」は世人の口・うわさ。「膾」はなますで、細く切った生なまの肉、「炙」はあぶり肉のこと。どちらも美味で、だれの口にも合って好まれることから。一般には「人口じんこうに膾炙かいしゃする」と慣用する。「膾炙人口かいしゃじんこう」ともいう。「炙」は「せき」とも読む。
出典
林嵩りんすう「周朴詩集序しゅうぼくししゅうじょ
句例
人口に膾炙した故事
用例
第百三十七段は、兼好の美意識の総まとめのような感があって、代表的な文章として、よく人口に膾炙している。<瀬戸内寂聴・寂聴つれづれ草子>

人口膾炙の解説 - 学研 四字熟語辞典

多くの人の話題にのぼり、広く世間に認められること。詩文などが褒め称えられて、もてはやされること。
注記
「膾炙人口かいしゃじんこう」ともいう。「人口」は、人々の口にのぼること。「膾炙」は、なますとあぶり肉で、ともに美味で人に好まれた。「かいせき」とも読む。「人口じんこうに膾炙かいしゃする」と使う。
出典
林嵩りんすう「周朴詩集序しゅうぼくししゅうじょ