• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

蓋棺事定の解説 - 学研 四字辞典熟語

人は死んではじめて、その評価が定まるということ。また、生前の評価は利害などがからんでいるので、あてにならないことのたとえ。
注記
「蓋棺」は、遺骸を納めて棺のふたをすること。「棺を蓋おおいて事ことさだまる」と読み下す。
出典
杜甫とほ「君不見簡蘇徯きみみずかんそけい

蓋棺事定の解説 - 小学館 大辞泉

キーワード[評判・評価]の四字熟語