• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

亭主関白の解説 - 学研 四字熟語辞典

夫(亭主)が一家あるいは夫婦間の支配者として絶大な権力をもち、君臨していること。
注記
「関白」は、中世まで天皇の補佐役として国政を司った重職の呼称。転じて、権力をひけらかす者の意。「嚊天下かかあでんか」の反対。

亭主関白の解説 - 小学館 大辞泉

家庭内で、夫が支配権を持っていること。⇔嚊天下 (かかあでんか) 

キーワード[家族]の四字熟語

出典:gooニュース