• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

敬天愛人の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

天を敬い人を愛すること。▽「敬天」は天をおそれ敬うこと。「愛人」は人をいつくしみ愛すること。西郷隆盛さいごうたかもり(号は南洲なんしゅう)が学問の目的を述べた語として有名。
出典
『南洲遺訓なんしゅういくん
用例
講学の道は敬天愛人を目的とし、身を修するに克己を以もって終始す可し。<西郷隆盛・南洲遺訓>
類語
敬天愛民けいてんあいみん

敬天愛人の解説 - 学研 四字熟語辞典

天を敬い、人を愛すること。
注記
西郷隆盛が学問の目的として述べたことば。出典の「道みちは天地自然てんちしぜんの道みちなるゆえ、講学こうがくの道みちは敬天愛人を目的もくてきとし、身を修しゅうするに克己こっきを以もって終始しゅうしせる」による。
出典
西郷隆盛『南州遺訓なんしゅういくん

敬天愛人の解説 - 小学館 大辞泉

天をうやまい、人を愛すること。座右の銘とされることが多い。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。