• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

教外別伝の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

悟りは言葉や文字で伝えられるものではなく、直接心から心へと伝えるものであるということ。▽禅宗の語。「外」は「がい」とも読む。
用例
何も教外別伝きょうがいべつでんなどと神秘めかした仕掛はいらん。<石川淳・普賢>
類語
以心伝心いしんでんしん 拈華微笑ねんげみしょう 不立文字ふりゅうもんじ 維摩一黙ゆいまいちもく

教外別伝の解説 - 学研 四字熟語辞典

悟りはことばや教典で伝えられるものではなく、心から心へとじかに伝えられるものだということ。転じて、普通では教えられない特別なこと。

教外別伝の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

禅宗で、仏の悟りを伝えるのに、言葉や文字によらず、心から心へと直接伝えること。→不立文字 (ふりゅうもんじ) 

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。