• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

教外別伝の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

悟りは言葉や文字で伝えられるものではなく、直接心から心へと伝えるものであるということ。▽禅宗の語。「外」は「がい」とも読む。
用例
何も教外別伝きょうがいべつでんなどと神秘めかした仕掛はいらん。<石川淳・普賢>
類語
以心伝心いしんでんしん 拈華微笑ねんげみしょう 不立文字ふりゅうもんじ 維摩一黙ゆいまいちもく

教外別伝の解説 - 学研 四字熟語辞典

悟りはことばや教典で伝えられるものではなく、心から心へとじかに伝えられるものだということ。転じて、普通では教えられない特別なこと。

教外別伝の解説 - 小学館 大辞泉

禅宗で、仏の悟りを伝えるのに、言葉や文字によらず、心から心へと直接伝えること。→不立文字 (ふりゅうもんじ) 

キーワード[気持ちが通じ合う]の四字熟語

キーワード[悟り]の四字熟語