• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 《江戸時代、劇場のの下に、その名を書いた看板を掲げたところから》人形浄瑠璃で、紋下 (もんした) のこと。また、歌舞伎で、座頭 (ざがしら) や一座の代表的な俳優。

  1. 江戸の深川にあった私娼窟 (ししょうくつ) 。近くに火の見櫓があったのでいう。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉