1. 武器を入れておく倉庫。矢の倉。兵庫。

  1. 城門や城壁の上につくった一段高い建物。敵状の偵察や射撃のための高楼。

    1. ㋐木材や鉄骨などを用いて組み立てた高い構築物。「火の見―」

    2. ㋑祭礼・盆踊りなどで、一段高くつくって太鼓や笛を演奏したり、歌をうたったりする構造物。

    3. 歌舞伎人形浄瑠璃などの劇場で、官許の標識として正面入り口の上に造られた構造物。三方に幕を張り、5本の毛槍を横たえ、梵天 (ぼんてん) を立てる。

    4. ㋓相撲場で、太鼓を打つための高い場所。

  1. 炬燵 (こたつ) の、布団を掛けるための四角い枠。炬燵櫓。

  1. 戦国時代から近世の軍船に敷設された展望台。大船は船首・中央・船尾の3か所に設けた。安宅船 (あたけぶね) 関船などの大型軍船は総櫓といい、船首から船尾まで通す独特の形式に発達した。また、荷船で船体後半に設ける屋形のこと。

  1. 櫓投げ」の略。

  1. 矢倉囲い」の略。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉

[生活/スポーツ]カテゴリの言葉

[生活/その他]カテゴリの言葉