• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

他人の詩と同じ韻字を同じ順序で用いて詩作すること。また、その詩。→和韻

江戸前期の俳諧集。松尾芭蕉編。1冊。延宝9年(1681)刊。伊藤信徳らの刊行した「七百五十韻」を次ぐ形で編まれたもの。俳諧次韻。