• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「水 (みず) の緒 (お) 」の意》

  1. 浅い湖や遠浅の海岸の水底に、水の流れによってできる溝。河川の流れ込む所にできやすく、小型船が航行できる水路となる。また、港口などで海底を掘って船を通りやすくした水路。

  1. 船の通ったあとにできる跡。航跡。「遊覧船が―をひいてゆく」

[補説]書名別項。→

長田幹彦の小説および同作を表題作とする小説集。作品は「スバル」誌の明治44年(1911)11月号から明治45年(1912)3月号にかけて連載。作品集は明治45年(1912)の刊行で、ほかに「母の手」「零落」などの作品を収める。