[名]
  1. ペンの先などで軽く突いて記したような小さなしるし。また、そのように見えるもの。ぽち。ちょぼ。「難読漢字のわきに―を打つ」「飛行機が―となって消える」

  1. 読点 (とうてん) 。文章の句点を「丸」というのに対していう。「、」で表す。

  1. 漢字の字画のうち、1に似た形のもの。「犬」の「、」など。

  1. 位置だけあって大きさのない図形。二つの線が交わる部分。「二―を通る直線」

    1. ㋐物事の成果、成績などに対する評価。また、それを数値で表したもの。評点。点数。「―が辛い」

    2. ㋑競技の得点。「―が入る」

  1. 特に注目すべき箇所。ところ。「人間と他の動物との違う―は何だろう」「その―ぬかりはない」「悪い―は直す」

  1. 非難される点。欠点。非。→点を打つ

  1. 漢文訓読のために字のわきに付けた傍訓や符号の総称。返り点・ヲコト点の類。訓点。

  1. 和歌・連歌・俳諧などで、批評・添削 (てんさく) すること。また、その評価を表すしるし。

  1. 10 灸点 (きゅうてん) 。「―をおろす」

  1. 11 一昼夜を12等分した刻をさらに細分した単位。「辰の三―」

  1. 12 航海・航空で用いる角度の単位。1点は円周360度を32等分した11.25度。

[接尾]助数詞。
  1. 評点・得点を数えるのに用いる。「一〇〇―満点」「五―差」

  1. 物品の数をかぞえるのに用いる。「展覧会に三―出品する」