• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
萩原朔太郎の短編小説。道に迷った詩人が、不思議な町の幻を見る。昭和10年(1935)刊。
平井照敏の第1句集。昭和49年(1974)刊。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

[文学/戦後の作品]カテゴリの言葉